CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
LINKS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
紅茶で生き返った話。


引っ越して以来、都心にあまり出ないのでお久しぶりの原宿/表参道。

 

その中でもとびきりのお気に入りカフェは、アンティークな雰囲気がいかにも女性受けしそうなガーリー感のラシュシュです。

 

夜もお茶できるのが嬉しいお店なんです。

意外と早く閉まるんですよね、この町のカフェは。

 

実はちょっとこの日は体調が良くなくて用事が終わったらすぐ帰ろうかと思ったんですが

せっかく来たので…結局入りました。

 

あんなに入る前はグッタリしてたのに、これがもう!

紅茶が至福の美味しさ!なにこれ、これが本当の紅茶?!と 目からウロコが落ちるほど。

 

まさにカフェで生き返りました…!

 

お店の方に聞いたら、茶葉はダージリンって言ってたけど、なんとなくキームンぽい スモーキーフレーバーでしたよ。

 

すっかり今はコーヒー党になってしまったけど紅茶の素晴らしさを再確認した出来事でした〜。

JUGEMテーマ:カフェ・喫茶店



| カフェつれづれ | comments(0) | trackbacks(0)
サーカスの夜に

これって私のために書かれたのでは?!と盛大に勘違い&陶酔するほどの小説、久しぶりに出会いました。

いつも品揃えのセンスが良いなと思っている、paperwallで見つけたのでした。


サーカスの夜に/小川糸

 

小川糸さん、食堂かたつむりしか読んだことなかったのですが…

この本はまず装丁が好みど真ん中。

 

そして、裏表紙の内容紹介が、何から何まで私のツボだったのです…!

 

 

両親の離婚でひとりぼっちになった少年は、13歳の誕生日を迎え、憧れのサーカス団・レインボーサーカスに飛び込んだ。ハイヒールで綱の上を歩く元男性の美人綱渡り師、残り物をとびきり美味しい料理に変える名コック、空中ブランコで空を飛ぶ古参ペンギンと、個性豊かな団員達に囲まれて、体の小さな少年は自分の居場所を見つけていく。不自由な世界で自由に生きるための、道標(みちしるべ)となる物語。

 

 

《不自由な世界で自由に生きるための、道標となる物語》で心をつかまれました。

あとね、やっぱり13歳くらいの年齢の主人公が、成長していく物語、このパターンに非常に弱いのです。

これは買わざるをえない。

 

待ちきれず、帰りの電車で読み始めたのですが、 ページをめくるたび、もうめまいがしそうなほどのワフワフ感。

※ワクワクとフワフワの造語。

 

サーカスの描写なんて、本当に光る金粉が見えそうなほどキラキラしています。

どこの国のいつの時代かもわからないままに進む物語もいい! 

 

流れ者たちが集まったこのサーカス団。団員はみな、本名はわからず食べ物の名前で呼び合ってるところもいかにもでした。

 

読み終えた後も魔法がかかったみたいになってるし、このお話はサーカスそのものなのでは?! と大興奮でした。

 

何度かこのブログにも書きましたが、実はサーカスのステージ上に一度だけ立ったことがある私。

 

ピエロやサーカスは、多幸感の象徴なんです。

大切にしたい宝物みたいな本が増えて、この週末はとても豊かな気持ちで過ごせました。

JUGEMテーマ:読書

JUGEMテーマ:サーカスでの日々



| - | comments(0) | trackbacks(0)
もみじ市2017メモ〜頭に花を生ける

昨年に続き、今年も参加できることになった岡本典子さんのイベント、頭に花を生ける。

幸運の極みです!

 

せっかくなので、前回とはまた違ったイメージで生けてもらいたい!と 昨年のアルバムを引っ張り出し張り切って持参。笑

アルバムにしたこと、岡本さんも喜んでくれてました〜〜。

 

野葡萄を使って欲しいです。

昨年とは違う雰囲気にしたいです。

 

上記2点をリクエストし、 出来上がったのがこちらです。

どーん。
思った以上にゴージャス!

 

私は自分の好きな色ばかりで仕上がってました。 彼の方は…信じられないほどハデに。笑

生けてもらってる最中は鏡がないので、どうなってるのか本人はわからないんですよね。

 

なので周りの人の反応が「うわー!」だとか「すごっ」となるたび、どんな風になってるのかドキドキが増すんです。

 

そうそう、 そして今年も彼はノリノリで花を生けてもらってました。 もっと他の男性の皆さまも生けてもらって欲しいです!ヤミツキになるそうですよ〜〜。

 

岡本さん、本当にありがとうございました!

JUGEMテーマ:花のある暮らし



| 雑感つらつら | comments(0) | trackbacks(0)
もみじ市2017メモ〜ブルーの野葡萄

この鮮やかなブルーの花は、野葡萄というそうです。

パッと見た瞬間、この凛としたかわいさに心奪われた私は、

岡本さんにこの花をリクエストしたのでした。

 

 

「ぜひ、この花を頭に生けてください」と…。

 

つづく



| - | comments(0) | trackbacks(0)
もみじ市2017メモ〜tinyN

もみじ市の最大のお楽しみは、岡本典子さんのブース、tinyNさんです♡ 渋くて淡い、そしてかっこいいフラワースタイリングなら、やっぱり岡本さんです。

 

ブースを見かけただけでテンション上がりました!

 

つづく



| 雑感つらつら | comments(0) | trackbacks(0)
もみじ市2017メモ〜mikumari

もみじ市では、mikumariさんでお昼ごはんを食べました。

 

結構な行列で、ちょうど私の少し前で目玉メニューのプレートが売り切れ…。

 

かわりにカレーが登場したのでそちらを注文。

肌寒い日にほかほかのカレーは一層おいしく感じました。

それにしてもこのお店、ブースが凝りに凝ってて船のような装飾!

スタッフさんの衣装?ユニフォームもコンセプチュアルで格好良かったです。

 

そういえば、ミクマリという不思議な響きの店名は、日本の神様が由来みたいです。

 

栃木にあるカフェレストランとのこと。

いつか行ってみたいお店と出会えるのは、もみじ市の醍醐味です。

 

 



| カフェつれづれ | comments(0) | trackbacks(0)
もみじ市2017メモ〜大人のマロンクリームサンド

もみじ市は多摩川沿いで開催されてるので、天気さえ良ければピクニックができます。 私が行った初日は小雨が降ったりやんだりだったので、天気が落ち着いてる時だけレジャーシートを広げてました。

 

レジャーシートの上で食べるごはん、そしておやつってどうしていつもより美味しく感じるんでしょうね?

この日食べたおやつは、アノダッテの大人マロンクリームサンド!

並んで買いましたよ〜〜。

ラム酒にどっかり浸かったシミシミのパンが確かに大人風味でした。

 

いやーマロンクリーム系のおやつ、

いつもはそんなに注目してませんが これは特別なオーラを放ってました。笑

JUGEMテーマ:サンドイッチ



| 雑感つらつら | comments(0) | trackbacks(0)
もみじ市2017メモ〜花気球

今年も手紙社主催のもみじ市に行ってきました。

あいにくのお天気でしたがそれでもすごい人出! さすがですね。

私はオープン時間ちょうどに到着しましたが、

陶器ブローチ作家の小菅幸子さんブースは、整理券があっという間になくなってたのを目撃しました。。。

噂には聞いてましたが本当ものすごい人気です。

 

寒かったけどたくさんの楽しい思い出ができたので少しずつアップしますね。

 

写真は一目惚れした結城琴乃さんの気球!

 

見ての通り、とてもとても繊細です。

いろんな色のプリザーブドフラワーが気球の中に入ってましたが 黒がシックなアクセントになりそうだったので こちらを選びました。
ゆらゆらとモビールのように吊るして飾ってます。 うっとり。

JUGEMテーマ:花のある暮らし



| 雑感つらつら | comments(0) | trackbacks(0)
Dorothy1周年アニバーサリー☆

今年から行き始めたにも関わらず、猛烈に信頼しているヘアサロン、下北沢のDorothy

 

個性の塊&職人肌のスタイリストさんが一対一でカットしてくれる、大好きなサロンです。

 

今月で1周年だとか。おめでとうございます!!!!

 

これからも激しくリピートしますので よろしくお願いします。

 

 

Dorothyはマンスリーオリジナルドリンクを用意してくれるんですが 今月は今までで一番凝ってました。

もはや何屋かわからないこだわり、さすがです星


フラペチーノ・・・ではなく、ドロペチーノ。笑

 

オリジナルのイラストラベルがスタバそっくりで最高でした:) (ダンナさんが描いてくれた似顔絵だそうです。いいですね)

 

 

ちなみにここはカラーに強いサロンで、ヘナもあるしマニックパニックもありますよ。

 

私みたいに、同時にヘナもインナーカラーもパーマもかけたい!というほかのサロンでは

まず嫌がられるリクエストにも真摯に応えてくれる貴重なお店です。

 

全力でクリエイトする姿勢にいつも刺激をもらってます。 次はハイライト入れてもらおうっと!

 

JUGEMテーマ:下北沢

JUGEMテーマ:ヘアサロン



| 雑感つらつら | comments(0) | trackbacks(0)
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.